イラストレーターの使い方

イラストレーターの使い方 TOP >> Lesson1(図形を描く)

図形描画と回転・反射

手始めに長方形を書いて見ましょう。

長方形ツールがクリックされた状態で、画面上に移動し左クリックし、幅と高さを入力します。 左クリックをしたままマウスを移動させると、数値を入力せずに色々な形の長方形を描くことができます。

長方形に関わらず、全ての図形にいえますが、一度、図形を描いた後、すぐにまた左クリックを押すと、イラストレーターが 前回書いた図形の幅と高さを覚えていて、全く同じ図形が描けます。 いちいちコピー→ペーストをするよりは少し速いのかもしれません。

Shiftを押しながらマウスを動かすと、幅と高さが等しい正方形を描くことができます。

Altを押しながらマウスを動かすと、中心から長方形を描くことができます。

多角形ツールとスターツールは、方向キー(↑or↓)を押しながら描くことで、角数を変化させることができます。

描いた図形は、回転ツールやリフレクトツールを用いて、回転や反射させることができます。 回転ツールを押したときに出てくる星のようなマークは、回転の中心ですので、これを移動することで回転中心を変えることができます。 回転の角度はShiftを押しながら回転させることで、45度単位で回転させることができます。 また、回転は選択ツールから回転させることもできます。

最後に、練習として三角形を描いて見ます。 三角形は、多角形ツールかスターツールを選択し、↓の方向キーとShiftを押しながら描きます。 できた三角形は斜めっているので、回転ツールで目的の角度に調整します。 実は三角形は多角形ツールの角数を3に変えて描けばよいだけなのは内緒。


Lesson1~トレースを学ぶ

  1. トレースとは
  2. イラストレーターの画面
  3. 図形描画と回転・反射
  4. 選択ツールを知る
  5. 画像を取り込む
  6. パスの扱い方
  7. トレースする1
  8. パスの切断
  9. トレースする2
  10. 色を塗る(グラデーション)
  11. レイヤーを知る
  12. 番外編:スポイト使用の色の塗り方

Lesson2~地図を作る

  1. 下絵を用意する
  2. 線路を描く
  3. 線の設定
  4. 地図の完成

Lesson3~グラフと表を作る

  1. グラフのデータを入力する
  2. グラフのデザインを変える
  3. 表のデータを入力する
  4. 表の枠組みを作る

Lesson1~その他のツールの使い方

  1. ブレンドツールと整列
  2. 分割・拡張を知る
  3. ブラシツールの追加
  4. フィルタと効果
  5. パスのオフセット
  6. 透明パレットを使う
Copyright(C) nkbaby all right reserved.