イラストレーターの使い方

イラストレーターの使い方 TOP >> Lesson1(パスの扱い方)

パスの扱い方

配置した画像をトレースしていく前に、簡単にパスの扱い方を学んでおきましょう。

ペンツールを選択して、線を黒、塗りをなしに設定したら、まず直線を書いて見ましょう。

直線は始点と終点をクリックするだけです。ゆがみのない直線を描きたいならShiftを押しながらクリックしましょう。

45度単位の斜めの直線を描く場合は、Shiftを押しながらクリックします(45度に満たなければ0度になります)。

なんどもクリックしていくと、直線が終わることなく続いていきますので、いったん直線を終わりにしたい場合は、左メニューのペンツール以外のツールを 選択するか、ペンツールが選択されている状態で、Ctrlを押して選択ツールorダイレクト選択ツールに一時的に変えて画面上をクリックします。

普通は後者のCtrlを押す方法を使います。Ctrl押しでの選択ツールへの切り替わりはペンツールを含めてどんなツールであっても当てはまります。 切り替わったときに、選択ツールになるのかダイレクト選択ツールなるのかは、前に使ったほうのツールが選択されます。

次に、曲線(ベジェ曲線)を描いてみましょう。

図のようにマウスをドラッグして見ましょう。描き終わったらCtrlを押した状態で画面上をクリックして描画を終了させましょう。

パスは「アンカーポイント」「セグメント」「方向線」の3つで構成されており、直線の時には、アンカーポイントとセグメントの2つを気にすればよいだけでしたが、 曲線になると方向線を気にしなければなりません。

この方向線が知らないヒトには厄介ですが、考え方さえつかめば特に難しくはありません。

方向線を手の向き、セグメントを下敷きに置き換えて考えてみてください。セグメント(下敷き)を曲げるためには、両方の方向線(手の向き)を斜めに 向ける必要があります。

弧の膨らむほう側は、始点の方向線の向きで決まります。

これだけ知っていれば、直線と曲線は事足りるでしょう。


Lesson1~トレースを学ぶ

  1. トレースとは
  2. イラストレーターの画面
  3. 図形描画と回転・反射
  4. 選択ツールを知る
  5. 画像を取り込む
  6. パスの扱い方
  7. トレースする1
  8. パスの切断
  9. トレースする2
  10. 色を塗る(グラデーション)
  11. レイヤーを知る
  12. 番外編:スポイト使用の色の塗り方

Lesson2~地図を作る

  1. 下絵を用意する
  2. 線路を描く
  3. 線の設定
  4. 地図の完成

Lesson3~グラフと表を作る

  1. グラフのデータを入力する
  2. グラフのデザインを変える
  3. 表のデータを入力する
  4. 表の枠組みを作る

Lesson1~その他のツールの使い方

  1. ブレンドツールと整列
  2. 分割・拡張を知る
  3. ブラシツールの追加
  4. フィルタと効果
  5. パスのオフセット
  6. 透明パレットを使う
Copyright(C) nkbaby all right reserved.