イラストレーターの使い方

イラストレーターの使い方 TOP >> Lesson1(トレースする1)

トレースする1

さて、下絵として配置した画像を元にトレースしてみましょう。

線の色は何色でもかまいませんがわかりやすい色に、太さは粗いイラストなら太めのほうがはっきりしていいのかもしれません。塗りはもちろんなし。

まず、ペンツールを選択してください。トレースを開始する場所はどの場所でもいいですが、できれば線と線の区切りが望ましいです。

始点からの方向線が円が膨らむ方向に出ている(長さは適当に)状態で、次のアンカーポイントの方向線を調整します。

うまく弧が重ならない場合もとりあえず無視して描いてください。

目的の弧が描けたら、次の弧が膨らむ方向に方向線を向けます。次の弧の方向線を調整すると、前の弧の方向線がくずれてしまうと思います。

そこで、使うのが「アンカーポイントの切り替えツール」です。これを使うことで、前の弧の方向線の向きはそのままの状態で、次の弧の方向線を 調整できます。

アンカーポイントの切り替えツールは、ペンツールが選択された状態でAltを押すと、押している間だけ切り替えることが可能です。 また、Ctrlを押すことで、ダイレクト選択ツールor選択ツール(ダイレクトにしておくほうがいいかも)に切り替わりますので、トレースの最中は、 常に左手はCtrlとAltが押されている状態となります。

これを繰り返して、アンカーポイントを少なく描くことを意識して順番になぞっていきます。

アンカーポイントがどうにも足りない場合は、アンカーポイントの追加ツール、いらない場合はアンカーポイントの削除ツールを使って調整します。

基本的に、色別に部分部分を作成して、最終的に合体させて作るので、一旦ここで終了します。

最後のパスの終点を始点に重ねると、○マークがでるので、その状態でクリックすると連結できます。もし○マークがでないで、 ×とか/が出る場合はうまく選択できていないか、今までつないできたパスが途中で切れているので、選択ツールで移動させてからもう一度試してみてください。

選択が全く解除されてしまって連結できなくなってしまった時は、ダイレクト選択ツールで連結したいアンカーポイント(始点と終点の2点) をクリックして、「オブジェクト→パス→連結」を押して連結させます。

最後に、きちんとトレースできているかどうか見るために、塗り、線の色情報がカットされるアウトライン表示 で確認してみます。 アウトライン表示は結構使います。


Lesson1~トレースを学ぶ

  1. トレースとは
  2. イラストレーターの画面
  3. 図形描画と回転・反射
  4. 選択ツールを知る
  5. 画像を取り込む
  6. パスの扱い方
  7. トレースする1
  8. パスの切断
  9. トレースする2
  10. 色を塗る(グラデーション)
  11. レイヤーを知る
  12. 番外編:スポイト使用の色の塗り方

Lesson2~地図を作る

  1. 下絵を用意する
  2. 線路を描く
  3. 線の設定
  4. 地図の完成

Lesson3~グラフと表を作る

  1. グラフのデータを入力する
  2. グラフのデザインを変える
  3. 表のデータを入力する
  4. 表の枠組みを作る

Lesson1~その他のツールの使い方

  1. ブレンドツールと整列
  2. 分割・拡張を知る
  3. ブラシツールの追加
  4. フィルタと効果
  5. パスのオフセット
  6. 透明パレットを使う
Copyright(C) nkbaby all right reserved.