イラストレーターの使い方

イラストレーターの使い方 TOP >> Lesson1(レイヤーを知る)

レイヤーを知る

耳ができたら、他の部品も同様な手順で作成していくわけですが、このイラストのように簡単な構造であればいいんですが、もっと細かく設定していく場合は、 レイヤーと呼ばれる概念を使って分けて処理したほうが効率的です。

レイヤーっていうのは透明な下敷きのようなもので、下に書いたものが上に透けるので、合わせて見れば1枚の絵として見れます。ただ、合わさったときに絵が 重なってしまった場合は、もちろん上に重ねたほうの絵で下の絵は隠されてしまいます。

このレイヤーを使って、部品別に分けて描きます。 先ほど作った右耳(ほんとは左)が描いてあるレイヤーの名前をダブルクリックで「右耳」と変更したら、新しいレイヤーを開いて、同様に「左耳」と名前を 変更して同じように作成します。

同じ部品が描かれたレイヤーを複製しておきたい場合は、新規レイヤーを作成ボタンではなく、複製したいレイヤーをAltを押しながらドラッグして複製コピー してください。

このような手順で作っていきますが、体は顔よりも下に重なるので、最後に作っても下のほうに移動しておきましょう。 これで完成です。


Lesson1~トレースを学ぶ

  1. トレースとは
  2. イラストレーターの画面
  3. 図形描画と回転・反射
  4. 選択ツールを知る
  5. 画像を取り込む
  6. パスの扱い方
  7. トレースする1
  8. パスの切断
  9. トレースする2
  10. 色を塗る(グラデーション)
  11. 番外編:スポイト使用の色の塗り方
  12. レイヤーを知る

Lesson2~地図を作る

  1. 下絵を用意する
  2. 線路を描く
  3. 線の設定
  4. 地図の完成

Lesson3~グラフと表を作る

  1. グラフのデータを入力する
  2. グラフのデザインを変える
  3. 表のデータを入力する
  4. 表の枠組みを作る

Lesson1~その他のツールの使い方

  1. ブレンドツールと整列
  2. 分割・拡張を知る
  3. ブラシツールの追加
  4. フィルタと効果
  5. パスのオフセット
  6. 透明パレットを使う
Copyright(C) nkbaby all right reserved.