イラストレーターの使い方

イラストレーターの使い方 TOP >> Lesson2(下絵を用意する)

下絵を用意する

地図を描くときもトレースするときと同様、基本的には下絵を配置します。別にそんなのなくても描けるよ!っていう人はそのまま描きはじめても全く問題ありません。 下絵を用意することのメリットは、自分で考えながら作るのがめんどいからなのですから・・・。

下絵は、gooやyahoo、googleの地図を右クリックで保存して、その画像を使うのが一番楽です。もちろん、手書きで書いてスキャナという手もあります。

ここでは、yahoo地図をコピったものを配置しました。

地図を配置したら、ペンツールを使って道とか川をトレースしていくだけです。線を描くだけですので、塗りはなし、線は好きな色、好きな幅を指定してください。

地図をご丁寧になぞると下図のようになります。

これではあまりにリアルすぎる上に、はじめからyahooでしらべりゃいいじゃん!ってことになるので、カーブをなるべく使わずシンプルに 直線と直線の組み合わせでなるべく作ります。 道がずれていてもあまり気にしなくてもいいと思います。周辺地図に限っては、駅から100mって言われるよりも、セブンの隣って言われた方がわかりやすいのも事実ですので。


Lesson1~トレースを学ぶ

  1. トレースとは
  2. イラストレーターの画面
  3. 図形描画と回転・反射
  4. 選択ツールを知る
  5. 画像を取り込む
  6. パスの扱い方
  7. トレースする1
  8. パスの切断
  9. トレースする2
  10. 色を塗る(グラデーション)
  11. レイヤーを知る
  12. 番外編:スポイト使用の色の塗り方

Lesson2~地図を作る

  1. 下絵を用意する
  2. 線路を描く
  3. 線の設定
  4. 地図の完成

Lesson3~グラフと表を作る

  1. グラフのデータを入力する
  2. グラフのデザインを変える
  3. 表のデータを入力する
  4. 表の枠組みを作る

Lesson1~その他のツールの使い方

  1. ブレンドツールと整列
  2. 分割・拡張を知る
  3. ブラシツールの追加
  4. フィルタと効果
  5. パスのオフセット
  6. 透明パレットを使う
Copyright(C) nkbaby all right reserved.