イラストレーターの使い方

イラストレーターの使い方 TOP >> Lesson3(グラフデザインを変える)

グラフデザインを変える

デフォルト設定での棒グラフが出来上がったら、それに少し装飾をして見ましょう。

棒の色や文字の大きさは、グループ解除をして1つ1つ設定していってもよいですが、グループ選択ツールを使用してまとめて選択後、まとめて設定するほうが 効率はいいです。 グループ選択ツールでオブジェクトをクリックする回数によって選択範囲が変わるのを利用します。

文字については、選択ツールからダブルクリックで選択できます。

棒グラフ、円グラフといったグラフの形状の設定は、オブジェクト→グラフ→設定から変更できます。 ここでは、設定項目を変更して、グラフ目盛りの長さを伸ばしてみます。

次にグラフの棒をオブジェクトに変えてみます。 使用するオブジェクトはイラストレーターで作ったデータでなければだめ?みたいなので、自分で適当に作って、作ったオブジェクトを選択した状態で 、オブジェクト→グラフ→デザイン、をクリックし、新規デザインのボタンを押します。

すると、オブジェクトが取り込まれるので、名前を適当につけて、棒グラフの設定を繰り返しに変えたり、色々いじって完成です。

例では見てくれ悪すぎですが、オブジェクトの幅や背景画像を置いたり、グラフ設定をいじればましになるとは思います。


Lesson1~トレースを学ぶ

  1. トレースとは
  2. イラストレーターの画面
  3. 図形描画と回転・反射
  4. 選択ツールを知る
  5. 画像を取り込む
  6. パスの扱い方
  7. トレースする1
  8. パスの切断
  9. トレースする2
  10. 色を塗る(グラデーション)
  11. レイヤーを知る
  12. 番外編:スポイト使用の色の塗り方

Lesson2~地図を作る

  1. 下絵を用意する
  2. 線路を描く
  3. 線の設定
  4. 地図の完成

Lesson3~グラフと表を作る

  1. グラフのデータを入力する
  2. グラフのデザインを変える
  3. 表のデータを入力する
  4. 表の枠組みを作る

Lesson1~その他のツールの使い方

  1. ブレンドツールと整列
  2. 分割・拡張を知る
  3. ブラシツールの追加
  4. フィルタと効果
  5. パスのオフセット
  6. 透明パレットを使う
Copyright(C) nkbaby all right reserved.