イラストレーターの使い方

イラストレーターの使い方 TOP >> Lesson3(表の枠組みを作る)

表の枠組みを作る

イラストレーターのバージョンが10以上の場合、枠組み作成には長方形グリッドツールを使用するのがよいと思います。9.0にはない機能ですので、 9.0をお使いの方は、次に説明する段組設定のほうを参考にしてください。

新しくレイヤーを作成した後、長方形グリッドツールを使用して線数を指定し、枠組みを作ります。枠組みは文字データと合わせて配置します。

枠組みの仕切り線は、ダイレクト選択ツールで選択することで自由に移動させることができます。マウスだとずれるのでキーボードでずらすとよいでしょう。

枠とデータの位置取りが決まったら、枠組みに対して、パスファインダ→分割を指定して、表枠を1つ1つのセルに分割します。

分割したら、セルをダイレクト選択ツールで指定できるようになるので、好きな背景色を設定します。

次に、ヴァージョン9.0でも使用できる段組設定を使用して表組を作成します あらかじめ、作りたい表の大きさの四角形を描いて、それを選択しておきます。そして、 9.0は「文字→段組設定」にて、10.0以上は「オブジェクト→パス→段組設定」 から作成します。

段数は目的の段数に、段間隔は0に設定して、OKボタンを押します。

作成した表の仕切り線は、ダイレクト選択ツールでくくった後、方向キーで動かすことができます。

段組設定で作成した表組みは1つ1つのセルを指定できるので、簡単に背景色を変えることができます。


Lesson1~トレースを学ぶ

  1. トレースとは
  2. イラストレーターの画面
  3. 図形描画と回転・反射
  4. 選択ツールを知る
  5. 画像を取り込む
  6. パスの扱い方
  7. トレースする1
  8. パスの切断
  9. トレースする2
  10. 色を塗る(グラデーション)
  11. レイヤーを知る
  12. 番外編:スポイト使用の色の塗り方

Lesson2~地図を作る

  1. 下絵を用意する
  2. 線路を描く
  3. 線の設定
  4. 地図の完成

Lesson3~グラフと表を作る

  1. グラフのデータを入力する
  2. グラフのデザインを変える
  3. 表のデータを入力する
  4. 表の枠組みを作る

Lesson1~その他のツールの使い方

  1. ブレンドツールと整列
  2. 分割・拡張を知る
  3. ブラシツールの追加
  4. フィルタと効果
  5. パスのオフセット
  6. 透明パレットを使う
Copyright(C) nkbaby all right reserved.