イラストレーターの使い方

イラストレーターの使い方 TOP >> Lesson4(分割・拡張を知る)

分割・拡張を知る

イラストレーターの分割・拡張系ツールには、オブジェクト→分割・拡張orアビアランスを分割or透明部分を分割・統合、の3つと、バスファインダの分割の計4つ あります。

その分割の効果を見るために、ブレンドツールで作成した虹模様の図形と外枠が太い長方形を用意しました。

アウトラインでみてみるとこんな感じです。

分割・拡張は、オブジェクト、線、塗りのどれかを指定してオブジェクトを分割します。

1つのオブジェクトをアビアランスを構成する複数のオブジェクトに分解するので、この場合の虹のアビアランスは”ブレンド”となっているはずです。 これに対して分解・拡張を適用しますと、アビアランスは”グループ”に変わるので、グループを解除してあげると、 アビアランスは複数の線なし・塗りありのオブジェクトに分解されます。

また、線の太い長方形に分解・拡張を適用して、グループを解除すると、線と塗りというアビアランスに分解されます。

一方、バスファインダの分割は、1つのアートワークを、その構成要素である塗りが適用された面に分割します (面とは、線分によって分割されていないエリアのことです)。

つまり、先ほどの分割・拡張した後のグループ化状態のアートワークに分割を適用すると、色や線という区別というより、パスで区分されたエリアで 分解することができます。

このバスファインダの分割を使用する場合は、複数の塗りで構成されているオブジェクトは、一度分割・拡張で塗りを別々のオブジェクトに分解して 置かなければなりません。

透明部分を分割・結合は、透明部分が入っている破線をここのオブジェクトに分割したりするときに使用します。


Lesson1~トレースを学ぶ

  1. トレースとは
  2. イラストレーターの画面
  3. 図形描画と回転・反射
  4. 選択ツールを知る
  5. 画像を取り込む
  6. パスの扱い方
  7. トレースする1
  8. パスの切断
  9. トレースする2
  10. 色を塗る(グラデーション)
  11. レイヤーを知る
  12. 番外編:スポイト使用の色の塗り方

Lesson2~地図を作る

  1. 下絵を用意する
  2. 線路を描く
  3. 線の設定
  4. 地図の完成

Lesson3~グラフと表を作る

  1. グラフのデータを入力する
  2. グラフのデザインを変える
  3. 表のデータを入力する
  4. 表の枠組みを作る

Lesson1~その他のツールの使い方

  1. ブレンドツールと整列
  2. 分割・拡張を知る
  3. ブラシツールの追加
  4. フィルタと効果
  5. パスのオフセット
  6. 透明パレットを使う
Copyright(C) nkbaby all right reserved.